D-APARTMENT

Dアパートメント


Dアパートメント(CASA小治郎) D-APARTMENT(CASA Kojiro)
所在地:大阪府門真市
用途:集合住宅
規模:S造・地上3階
面積:敷地161.72m2・延床228.33m2
竣工:2011年12月
location:Kadoma city,Osaka
principal use:Collective Housing
structure:Steel・3stories
area:site161.72m2・floor228.33m2
date:December,2011

Dアパートメント(CASA小治郎) D-APARTMENT(CASA Kojiro)

樹齢700年のクスノキが,ホームと屋根を突き抜けた駅の目の前に建つ店舗付きの集合住宅です.1階店舗が面する西側の道路と敷地北側に長く見える駅の高架,南側の太陽という環境に各々対応しつつも,それらをなめらかに繋ぐような建物を作れないかと考えました.
30㎡程度の単身者用集合住宅は,通常1住戸4m×8m程の平面に,水廻りや廊下と8~10畳リビングが詰め込まれとても窮屈です.
この計画では,1住戸を2m×16mの平面として,片方にだけは「広い」通路のような部屋のような空間を作りました.また,16mの奥には寝室や水廻りを配置し,壁を立てるのではなく,奥が見えなくなるような形に折り曲げることでプライバシーを作り出しました.