SPCSPCブログ

SPACESPACE


季刊誌cycle no.41入荷しました!
2019/05/07 14:37

フリーペーパー季刊誌cycle no.41入荷しました。
表紙は絵本「じてんしゃのれるかな」らしいです。 事務所のショーウィンドウに置いてありますので、是非お越しください。


writer:kagawa/ category:お知らせ, 自転車, 近況


JUDI関西2019年第3回都市環境デザインセミナー
2019/05/01 11:55

先週の金曜日、JUDI関西のセミナーで

建築家の街との係わり方
岸上純子と梅田・中津の場合

というテーマでお話させていただきました。
建築とまちづくり・都市計画は近い分野のようで、コミュニティとしては分かれている印象でアウェイ感が多少あり、またJUDIというとてもアカデミックな場でお話させてもらうことに、少々緊張していました。
90分の時間をいただいたんですが、なにをどこからどう話していいのやら随分悩みました。
90分しゃべり続けるってなかなか大変だな~と思っていたのですが、準備しだすとしゃべりたいことがたくさん出て来て。。挙句、始まる直前には緊張から変な楽しみになり、アドレナリンでまくりで、気が付いたら90分みっちりしゃべり倒してました..

今回のお話のきっかけを岡先生からいただいたことで、自分の今やってることの整理もできたし、これからやりたいことを考えるきっかけにもなったし、いろんな方々との出会いもあって、本当にありがたい機会でした!
とにかくアドレナリンでまくりの夜でした!!

ちょっとアドレナリンでまくり過ぎて、しゃべりすぎた感がありなのと、思いのほか笑いが取れなかったのが反省点。。
会場の空気をもっと惹きつけるようなしゃべりしたいな~。

周りにいっぱいそんな雰囲気作れる人たちがいるので、日々勉強です!

また誰かどこかに呼んでください!!


writer:KishigamiJunko/ category:まちづくり, 講演, 近況


ミニ四駆部始動
2019/04/24 15:31

昭和54年生まれの私は、おもいっきりミニ四駆第一世代!
小学校の頃、女子にも関わらずミニ四駆に魅了された一人です。

どうしても、学校に持っていきたくて、他の友達と勝負したくて、学校の文化祭のクラスの出し物を、「ミニ四駆レース」とし、教室中に段ボールで、ジャンプ台なんかもあるコースをつくったのがすごく思い出に残っています。

そんな話を、中津で知り合った同世代の人たちと話していると、「ミニ四駆部」つくろうよ!というノリになり、大人の財力(たいしたことないw)を使って、タミヤからコースを借り、ミニ四駆レース大会を開催しました!!

思い思いに走らせる参加者

これがなかなか楽しい!
コースをみんなで組み立てるところからはじめて、その後は各々自分のマシンの状況を把握するための自由走行タイム!
ほとんどのメンバーがここではじめて走らせるもんだから、思いのほか速かったり遅かったりで一喜一憂。
私のマシンなんて、最初、たいしたことのない坂でさえ止まってしまうくらいの調子の悪さ。。
そんなマシンのコンディションを確かめつつ、レースに向けてそれぞれコンディション調整をする姿は真剣そのもの!

気合の入った改造車を興味津々で見る人
走行性を見てレースに向けての微調整

今回は、ミニ四駆を知らなかった子供たちも参戦。
お父さんお母さんと一緒に自分のマシンを買いに行き、一気にハマる子供。
大人が真剣だと、子どもも真剣に。

子どもたちも真剣なまなざしで車の走りを確認中

実はこの「ミニ四駆部」、単に大人が遊んでる!のではなくて、実はこれってTOCを活かせるよね?って話から発足した部活。
TOCって何?って方はこちらを参照ください⇒TOC理論とは
TOCとは経営学の用語で、日本語では「制約理論」。簡単に言うと、
『組織のパフォーマンスは、制約にフォーカスして問題解決に取り組めば、最も小さな変更と努力で短期間に最大限改善する』
ということだそう。

ミニ四駆は、小さなモーターが一つ付いていて、車輪が4つ。単三電池2つで走るただのおもちゃ。
そして、スイッチをオンにして、手を離すと、そのあとはただただ走るだけ。ハンドル操作もスピード操作もできません。
そんな単純なおもちゃを「いかに一番速く走らせるか!」それだけが明快なミッションです。

速く走れないのは何に制約されているのか?
それを自ら見つけ出し、なんらかの方法で変更する。
これを子供たちも一緒にやれば、遊んでいるうちにきっと自分で問題を見つけ自分で手を加えて解決する力も身につくはず!

走行性の違いがなんなのか裏を見せ合う大人と子供

今の時代、検索すればなんだって問題を解決してくれそうな気がするけど、ミニ四駆は違います。
ほんっとちょっとした部品のズレとかで走行コンディションは変わってきます。
「なんで、速く走らないの?」という悔しさからくる思考!
大人も子供も真剣です!

大人も子供も楽しい!

とりあえず一回開催してみて、思いのほか楽しかったので、第二回開催も近々ありそうです!

改造部門で優勝したのは大人!改造と言ってもくまモンミニ四駆のボディーなしという荒業!!

今回の優勝者は、子どもにも容赦ない大人たちの圧勝でしたが、今後は子供もリベンジのチャンスがいくらでも!
大人も子供も一緒になって真剣になれるのっていいですよね!
なかなか楽しい経験でした!


writer:KishigamiJunko/ category:まちづくり, イベント, 近況


アーバンバイクロア大阪
2019/04/02 15:44

今年度で3年目の、うめきた二期暫定利用最後のイベントが3月30日31日の二日間で行われました。

うめきた二期暫定利用事業者唯一の市民団体である「うめきた楽市楽座」の山田さんたちに出会ったのが3年前。
私は、初年度の10月に暫定利用トップバッターのイベントでステージを作る役割で協力させてもらってから、いつの間にかうめらくの広報担当になり、その後現在は企画担当として関わり、1年前には一般社団法人になった「うめらく」。

トップバッターを飾った「うめらく」がなんとラストバッターも務めるというなんとも感慨深い最後のイベントは、「バイクロア」という自転車イベントを各地でされている方々との共催となりました!

自転車好きの我事務所もテンションがあがる自転車イベント!

イベント自体は自転車のレースがあったり、関連ブースが出ていたりという感じなのですが、私たち「うめらく」は、3年間この場所でやってきたことの報告パネルの展示と、うめきたホッププロジェクトでいつもお世話になっている、ブリューパブセンターポイントさんと共同でビールとBBQで出店しました。
ビールは3月に長野のリンゴ農家さんのりんごでつくったりんごシードルビール!

私もずっと売り子をしていました!

うめらくブース。ほぼビールと肉屋(笑)

バイクロア会場ではレースがあったり試乗があったり、盛りだくさんで見ていても体験しても楽しかったです!

トレーラーカーがレースコースに
折り畳みロードバイクを試乗

ほんとに暫定利用の3年間は、あっという間。

都会のど真ん中で自転車のレースコースになっていたトレーラーカー
あっという間にコースもブースも撤収。

うめらくを通してたくさんのつながりがこの場所とこの周辺でできました。
そのつながりを大事に少しずつ今後も広げながら、この場所が都市公園として5年後に出来上がった時にもなにかみんなで楽しいことができるといいなと思いながら最後の片づけをしつつこの風景を見るのも最後なんだなとしんみりしました。

いいまちができるといいですね。

うめらくとバイクロア実行委員のみなさんと搬出完了後に記念撮影。深夜11時。


writer:KishigamiJunko/ category:おでかけ, まちづくり, イベント, 自転車, 近況


夜のまちあるき梅田~中津
2019/03/04 19:25

昨日の夜は西田工業さんのお声掛けで、あの木下斉さんと南京、上海、深圳から来日されたデベロッパーご一行とうめらくメンバーでうめきた~中津をまち歩き。
しとしとと雨が降る中、どうなることかと思ってたけど、通訳をしてくださる人も何人かいて、いろいろお話できました!

うめきたの暫定利用の話とかしながらグランフロントの穴場からうめきた2期を見下ろして、庭園を抜けて中津へ。

木下さんがうめきたの大阪での位置づけを説明
グランフロントの穴場スポットから うめきた二期を見下ろす

再開発の場所うめきたと、そこからの影響を受けるであろう再開発地域横の下町情緒あふれる中津を散策。

ぞろぞろと中津商店街へ

もちろん中津商店街へも。うちの事務所&住宅部分も急遽がっつり見学(笑)
日曜の夜だったこともあり、中津商店街周辺のお店はほとんど閉まっててますます静かな町になってましたが、、、

じっくり見学してくれました
懇親会前にCQNで休憩
木下さんが書かれた 『凡人のための地域再生入門』 にサインとメッセージをもらってご機嫌

最後にCQNに寄ってから22時スタートの懇親会。

懇親会は中津のブドウヤへ。
深夜まで盛り上がりました!
国によって制度や仕組みが違って、情報交換しているととても興味深い話がたくさんでした。
こういう国際交流はやっぱりいいですね!私も海外行きたい!!


writer:KishigamiJunko/ category:まちづくり, 近況


フリーペーパー季刊誌cycle no.40入荷しました!
2019/01/24 21:17

フリーペーパー季刊誌cycle no.40入荷しました。季刊誌なので10年ちょうどですかね。「犬と猫と自転車」ではペット乗せ自転車が紹介されてたりします。
事務所のショーウィンドウに置いてありますので、是非お越しください。


writer:kagawa/ category:お知らせ, 自転車


謹 賀 新 年 2019
2019/01/01 00:00

旧年中はひとかたならぬご高配にあずかり厚く御礼申し上げます。本年も社員一丸となり、より一層精進してまいりたいと存じております。
何卒変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
2018年 元旦

S P A C E S P A C E/香 川 貴 範+岸 上 純 子

S P A C E S P A C E/スペーススペース
□ 〒 5 3 1 – 0 0 7 1 大 阪 市 北 区 中 津 3 丁 目 1 6 – 5 □ ☎0 6 – 6 3 7 6 – 4 7 5 2
□ URL h t t p : / / w w w . s p a c s p a c . c o m


writer:kagawa/ category:お知らせ, 近況


WADAA会議2018が大阪で開催されます
2018/12/13 11:32

建築作品の相互批評を通して1年を振り返る年末のイベントWADAAが今年は大阪で開催されます(これまでは全て埼玉県の鶴ヶ島市で開催)。
当事者同士のピア・レビューの場と賞ということの相反する正確が批判されたりもしてるようですが、盛り上がることは必至です。是非お越しください。

WADAA設立趣旨
WADAA(Wonders in Annual Development and Architecture Award)は、建築家による当事者同士のピア・レビューの場として2014年に設置されました。相互批評を通じて、共通の課題を見出すことを目的とします。
毎年末、その1年間に建築専門誌等で発表された建築作品・プロジェクト等を対象とし、3点程度を選抜しその作品・プロジェクト等が示した枠組みを定義することを通じて、時代の主題をうつし、将来につながる議論をその都度記録、発信することを目指します。(2018年改訂)

名称:WADAA2018
日時:12/16(日)14:00-18:00(開場:13:30)
定員:60名(先着順)
場所:上町荘(大阪市中央区上本町西4-1-68)(*youtubeLIVEにて中継を試みる予定です)

選考委員:
槻橋修(神戸大学准教授、ティーハウス建築設計事務所)
森田一弥(森田一弥建築設計事務所)
香川貴範(SPACESPACE)
阿曽芙実(阿曽芙実建築設計事務所)
白須寛規(design SU)
山口陽登(シイナリ建築設計事務所)

モデレーター:
藤村龍至(東京藝術大学准教授、RFA)
門脇耕三(明治大学専任講師)

オブザーバー:
和田隆介(学生)

追記:WADAA会議2018終了しました。来年以降も地方開催、Youtube配信等が行われる予定とのことです。賞をメタファーとした議論の場、今後共期待しております。


writer:kagawa/ category:お知らせ, イベント


JA112 YEARBOOK2018 建築年鑑
2018/12/11 13:57

JA112 YEARBOOK2018 建築年鑑 にSPACESPACE HOUSEが掲載されています。新建築と新建築住宅特集に2018年に掲載された作品のいくつかを1冊にまとめた雑誌です。
表紙は渋谷ストリーム。

そして裏表紙がなんと、SPACESPACE HOUSEです。びっくりしました。

是非御覧ください。

定価:2571円 編集/発行:株式会社新建築社




オープンナガヤ大阪2018
2018/11/20 15:09

11月10日11日の二日間、SPACESPACEHOUSEは「中津商店街の併用住宅」という名前で、オープンナガヤ大阪2018に参加していました。
オープンナガヤ大阪は、大阪にある40以上の長屋を一斉公開する “暮らしびらき” イベントで、今回が8回目。私たちは今回初参加でした。

当日までに、実行委員会が何度か開かれ。他の参加長屋の方々と交流し情報交換する場があったり、当日も、長屋に興味のあるたくさんの方にお越しいただいていろんな話をする機会がありました。

二日ともとてもいいお天気で、270名強の方に来ていただいたイベントとなりました。